Selection

北海道の食材の素晴らしさを食卓へ

北海道出身の世界的フレンチシェフ 三國清三氏と、北海道の優れた食材や食品を発掘。
技術監修や産地交流を通じて北海道の食に関わる生産者の方々を応援する、全国の消費者の方々に北海道の魅力ある商品をお届けする、弊社オリジナルブランドです。

フレンチの巨匠 三國清三 監修道産品

独自のスタイルで世界中のファンを魅了するフレンチの巨匠・三國清三が試食を重ね、自ら監修した北海道内で生産・加工される商品です。

フレンチの巨匠 三國清三 推奨道産品

自身の出身地である北海道を愛し、素材の「生まれ育ち」にこだわるフレンチの巨匠・三國清三が北海道内で生産・加工される食品の中から厳選した商品です。

定期的に三國シェフが来社し、試食を重ね、味やパッケージデザインにもアドバイスをいただいて商品化につなげています。

三國清三プロフィール

三國清三(みくに きよみ)
オテル・ドゥ・ミクニ オーナーシェフ
1954年北海道増毛町生まれ。15歳で料理人を志し、札幌グランドホテル、帝国ホテルにて修業。
74年駐スイス日本大使館の料理長に就任。フレディ・ジラルデ氏に師事し、その後、フランスの三ツ星レストラン等で修業を重ね、85年四ツ谷にオテル・ドゥ・ミクニをオープンする。
2013年フランスの食文化への功績が認められ、フランス・トゥールにあるフランソワ・ラブレー大学にて名誉博士号を授与される。14年公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会顧問会議の顧問に就任。15年公益財団法人ラグビーワールドカップ2019組織委員会顧問に就任。同年9月フランス共和国よりレジオン・ドヌール勲章シュバリエを受勲。同年11月東京ブランドアンバサダーに就任。